Japanese(日本語)

StereoSplicer
StereoSplicerICON

StereoSplicer Interim で出来る事。

最終暫定版では各社の3D MPOファイルの分解に対応しました。このバージョンは英語版のみになっています。ご了承ください。
FinePix REAL 3D W1 & W3カメラで撮影した、ステレオ静止画 .MPO、ステレオ動画 .AVI ファイルは、Mac OS X では左側しか見る事が出来ないが、StereoSplicer で左右それぞれのファイルに分解することが出来る。2011年3月に発売のニンテンドー3DSで撮影したステレオ写真も分解できるようにしました。また、PowerPC Macでの動作に不具合が生じるバグを修正しました。
※Beta3 には左右に分解できる動画の長さに制限がありましたがBeta4で制限はなくなりました。
数分程度の動画分解は全編をメモリに読み込んで行うため比較的短時間で処理されますが、長尺動画の場合は、使用する Mac のメモリとにより分解にかかる時間が長くなります。REAL 3D W1 は、最大約15分のステレオ動画撮影ができますが、その場合のファイルサイズは2GB以上になります。Mac で約2GBのファイルを単純にコピーしても
数分程度は要します。StereoSplicer は、さらに分解処理する分余計に時間がかかります。

静止画 .MPO は、分解すると同時に平行法、交差法、カラーアナグリフ化してディスプレイに表示。印刷用の大きなサイズ、ディスプレイ観賞用の中くらい、サムネイル用の小さなサイズなど、一度に複数のサイズを指定して同時に保存することができる。
※Beta8 はステレオ視差量の調整に制限があります。
ステレオ視差量の調整はカラーアナグリフにのみ反映されます。平行法、交差法のステレオ写真は撮影した状態のまま保存されます。

静止画 .MPO、動画 .AVI を分解したファイルは、再圧縮などすることなく左右に分離した事以外は撮影時のオリジナル状態に分解する。画質の劣化や撮影データの欠落などはありません。
※Beta8は各種ステレオ化写真の保存に制限があります。
左右に分解したオリジナル以外の各種ステレオ化写真は、Exif 情報を引き継ぎません。また、保存する各種ステレオ化写真は所定の JPEG 圧縮で保存されます。
※Beta8は各種ステレオ化写真の画面表示と保存に制限があります。
.MPO、.mpo形式のステレオ3D写真を左右の画像に分解できますが、FUJI FinePix REAL 3D W1, W3 と Nintendo 3DSで撮影したオリジナルの .MPO, .mpo ファイルを対象としています。各種ツール、ソフトウェアなどで .MPO, .mpo化したファイルを分解した場合には表示に制限があります。画面表示と各種ステレオ化には制限がありますが、オリジナルファイルの左右書き出し保存は正しく行われます。

※Interim 暫定最終版で Beta9を数え使い勝手はともかく、致命的な不具合は生じないとおもいますが、開発中のアプリケーションですので、万が一に備えてデータなどはバックアップしたうえでご利用くださるようお願いします。

他の多くのアプリケーション同様に新しい機種で空きメモリの多い状態ほど処理が高速です。静止画 .MPO を分解保存するだけなら、iBook Late 2001 と最新の Mac でもそれほど大きく差はでません。10個の分解に10数秒程で終わります。

動作確認済みのMac
intel-based Mac
MacBook Pro 17 Late 2007 Mac OS X 10.5, 10.6, 10.7
Mac mini early 2009 Mac OS X 10.5, 10.6, 10.7
iMac intel-based iMac Late 2006 Mac OS X 10.6
PowerPC Mac
iBook Late 2001 Mac OS X 10.4

アプリケーションの起動

「StereoSplicer 」のアイコンをダブルクリックしください。アプリケーションが起動すると左下図のダイアログが表示されます。この「保存する画像の設定」ダイアログは、必要に応じメニュー「環境設定…」から表示することができます。

001-00100

このダイアログはステレオ画像を保存するときにも表示され、その都度必要に応じて設定することができます。

002-Screen shot 2010-02-02 at 11.41.48_1

MPOファイルの選択
ファイルメニュー「3Dファイルを選択…」から静止画 .MPO、動画 .AVI ファイルを選択してください。

003-00300

Mac OS X のバージョンによっては、カラム表示のプレビューに対象画像が表示されない場合があります。その場合はカラム下側の「詳しい情報…」の表示を指示すると情報ウィンドウ内にプレビュー画像が表示されます。撮影ファイル名を変更すると認識されず読み込めませんので、変更せずに利用してください。

004-00400

※自動連続処理
一度に複数のファイルを選択することで可能です。この場合「保存する画像の設定」に従って連続で左右分解します。また、「保存する画像の設定」ダイアログで各種ステレオ表示の指定がなされていた場合は同時に保存されます。動画 .AVI ファイルは左右分解のみ行います。

 

MPOファイルの表示
静止画 .MPOを選択し「開く」と画像ファイルが左右のオリジナル画像2枚とステレオ画像3種・3枚、合計5枚のウィンドウが表示されます。

005-00500

ファイル名のルール
original-right ————- DSCF0001-L_.jpg
original-left ————— DSCF0001-R_.jpg
Cross-eyes image —— DSCF0001-Cx.jpg
Parallel-eyed image —- DSCF0001-Px.jpg
Anaglyph image ——— DSCF0001-Ax.jpg

file name+”-“+(L,R,C,P,A)+( _ ,L,m,s,t).jpg

(L,R,C,P,A)
— L)eft
— R)ight
— C)ross
— P)arallel
— A)naglyph

( _ ,L,m,s,t)
— _ ) original size(100%)
— L)arge(28%)
— m)idium(14%)
— s)mall(10%)
— t)iny(5%)

006-00600


Stereo alignment

REAL 3D W1&W3 は、撮影時にステレオ映像の立体感、見え具合に大きく関係する左右の画像の重なり具合が、自動的に調整されています。また、被写体との距離が近い場合には撮影時にこれを手動で調整することもできます。
SeteroSplicer では、この重なり具合をアナグリフ表示画像で調整することができます。

※ステレオ画像の調整

StereoSplice の現在のバージョンではこの重なり具合の調整はカラーアナグリフに反映されます。平行法、交差法での保存画像は撮影したままの状態で保存されます。

007-00700

※カラーアナグリフ
ステレオ映像の表示手法の一種です。赤・青のステレオ映像鑑賞用のメガネをかけて見ると立体的に見えます。

※平行法、交差法
ステレオ映像表示手法の一種で観賞用メガネなどを使わないで立体感を得る方法です。補助的な道具、仕組みは必要なく裸眼で鑑賞できますが、道具を使わないかわりに、一組の映像を普段と違う目の使い方で見る必要があります。

008-00800 009-00900

平行法(上)と交差法(下)
010-01000

保存
ファイルメニューで「保存…」を選択すると、「保存する画像の設定」が表示されます。オリジナルの左右の画像を分離するのと同時に、複数のステレオ方式で複数の大きさを指定して保存することができます。
※動画は左右に分離するだけの機能しかありません。

Limitation
Save image settings dialog only work with MPO file.

011-01100

012-Screen shot 2010-02-02 at 11.41.48

013-01300

ダウンロード
StereoSplicer Interim
2012.04.30

Japanese(日本語)」への2件のフィードバック

  1. 小林茂治

    StereoSplicer Interimをダウンロードしましたが、発信元が不明のため開くことができない、とありました。何か良い方法があれば教えてください。また、β版ではなく
    本製品はいつごろ発売されますか?

    返信
    1. junji Ikeda 投稿作成者

      ご質問ありがとうございます。

      お問い合わせいただいた、
      「…発信元が不明のため開くことができない…」
      は、次のリンクが、ご参考になると思います。
      この仕組みが導入される前のアプリケーションのため、対応していません。
      お使いのOS X のバージョンによっては、説明の画面が若干異なっているかもしれません。

      https://support.apple.com/ja-jp/HT202491

      次のご質問、
      「…β版ではなく、本製品はいつごろ発売されますか?」
      ありがとうございます。

      PhotoshopがMPOに対応するなどしたため、開発を中断した状態です。
      新たな機能を加えて、新しいツールをリリースする際は、こちらで案内します。
      その際は、どうぞよろしくお願いします。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です